日別アーカイブ: 2018-05-30

たるみの悪化を招いたりする

糖質を摂り過ぎるのはお肌のために控えてください。

何故かと言うと糖質を摂り過ぎると、くすみの原因になるのです。

糖分は体の中でタンパク質と反応しやすく、老化の進行を加速させる糖化生成物に変化するのです。

真皮でコラーゲンが糖と反応すると、お肌のこげつきといわれるくすみを起こしたり、シミやシワ、たるみの悪化を招いたりする結果になってしまいます。

ビタミンCは美白作用があるということで、スライスしたレモンをお肌にのせてレモンのパックにするのが流行ったこともありましたが、すぐ下火になったように、美白効果はありません。

決して行ってはいけません。

レモン果皮の成分は、肌につけて紫外線の刺激を受けると、シミの原因になってしまうのです。

美白やシミ予防の効果をレモンのビタミンCで期待するなら、日々の食事の中に取り入れるようにしましょう。

飲酒も、適量なら血行を良くする効果があり、美肌のためにもなるのです。

酒粕パックは手軽にできて、くすみを軽減すると言われています。

市販の酒粕を細かくして、ボウルの中で水を少しずつ入れて全体をドロドロにし、ペーストになるまでよく混ぜます。

小麦粉を適度な固さになるまで混ぜて、全体がなめらかになれば、立派な酒粕パックです。

ただし、アルコールに弱い方には勧められません。

女性が妊娠、出産を経てしばらくの間はそれまでの身体の状態と大きく変化します。

特にホルモンバランスは激変しますから、多種多様なトラブルを経験します。

肌荒れやシワなどといった、肌に現われる異変も自覚しやすく目立ちますから、悩まされている女性は多くいます。

妊娠中体内で働いていた女性ホルモン、エストロゲンやプロゲステロンの分泌が出産を終えたことで急に減り、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。

乾燥肌は大抵の場合、敏感肌でもありますので、肌をむやみに刺激しない、無添加の基礎化粧品などを使用して保湿に重点を置いたスキンケアを続けるのが良いようです。

肌にシワができるのには原因があります。

何かというと、一番大きいのは乾燥の影響だと言われています。

エアコンの風に当たりっぱなしになったり汗をかき、汗と一緒に肌の保湿成分が失われた時は特に気を付けましょう。

肌の乾燥を防ぎたいのなら、それこそ何度でもひんぱんに保湿をすることが乾燥によるシワを防ぐためには大事なことです。

そういう場合に便利なのがスプレータイプの化粧水です。

小さなものを持ち歩いて、思い立ったらひと吹きすると良いでしょう。

それと、汗を流した時は皮膚のバリアがなくなっていますので、しっかり保湿をします。

芸能人の肌をテレビで見るとシミなど見当たらない、美しいものです。

でも、やはり人間は人間ですから、本当のところは、お肌に悩みがあるのです。

もちろん、人前に出てこその仕事ですので、我々とは比べられないほど、気を使わざるを得ないでしょう。

芸能人のスキンケア法にヒントを得れば、美肌を目指せるでしょう。

ここ数年のことですが、特に顔のしわがとても気になり出して、対策に追われています。

中でもつくづく困り果てているのが笑いじわで、目尻にできるアレです。

目の周りにある皮膚は薄くてしわもできやすいですから、こまめなスキンケアを行なうようにしている部分なのですが、皮膚が薄いと、水分を留めておけなくて、乾燥しやすくなっています。

そこで、しつこいくらいにクリームを塗り重ねたりし、保湿にだけは手をかけるよう自分に言い聞かせています。

「ポリフェノール」は美肌効果をもたらす成分として、注目されています。

際立つ特徴としては、抗酸化作用があります。

活性酸素を抑制し、シミからお肌を守ったり、悩んでいたシミにも美白してくれるのです。

これは是非とも摂らなければと思う強力な抗酸化作用を持ったポリフェノールなのですが、欠点をあげるなら、その効果が発揮することができるのは3時間から4時間と短いことです。

美肌への第一歩としては、こまめな摂取をするということになります。

一般的に、肌のシミの犯人といえば紫外線ですが、シミに大きな影響をもたらすもう一つの原因がホルモンバランスの乱れにあることは知っていますか?その主な症状の一つであるのが、最近、テレビCMによって知名度を上げた「肝斑」です。

この肝斑はホルモンバランスの乱れによってできるシミの代表であり、妊娠中、それに、出産後の発症が比較的多いということが判明しているのです。

また、肝斑をできやすくするもう一つの原因はピルの服用であり、紫外線が原因のシミよりも治すことが難しいでしょう。

強い紫外線を浴び続けた夏が終わった頃、秋から冬にかけての時季と季節の変わり目には肌の乾燥にはとても気を付けています。

皮膚の薄い目の周りなど、鏡で良く見ると細かいシワがちりめん状になりますし、ひどくなると乾燥が進んで赤く腫れる場合もたまにあります。

こういう時期ですから、大切な肌のためにスキンケアは特に念入りに行っているわけですが、基本の化粧水や乳液でのケアだけでなく、とうとうオイルを試してみています。

ピンキッシュボーテによる口コミでもオイルも種類があって少しはまりそうなのですが人気のホホバやココナッツ、オリーブを使ったりもしています。